Baycess株式会社:SDGsの取組みについて

Baycess株式会社:SDGsの取組みについて イメージ

【SDGs(国連の持続可能な開発目標)について】

SDGsとは2015年に国連で採択された、世界目標です。「誰一人取り残さない」を理念として掲げ、2030年までに達成すべき17の目標、169のターゲットが設定されています。SDGsが採択されて以降、パリ協定の発効、ESG(環境・社会・ガバナンス)などグローバルレベルで持続可能な社会の構築のための取り組みが繰り広げられています。企業においては、中長期的な視点をもって持続可能な社会の構築に寄与すべく、経営資源を有効に生かし、サービスによりさまざまな価値を創造し提供していくことが求められています。

 

【当社とSDGsについて】

Baycess株式会社は「顕在化した社会課題を事業の発展を通して解決していく」を企業コンセプトとしており、サステナビリティを重要な経営テーマとしてとらえ、実効性のあるガバナンスやコンプライアンスを確実に展開するとともに、事業を通じて社会課題の解決に貢献し、中長期的に企業価値を向上させていくことが重要であると考えております。事業活動により生み出された資金やノウハウ、多様な人材、お客さまや取引先さまとの信頼関係など、貴重な経営資源を最大限有効に生かし、付加価値が高く競争力の強いサービスにより社会における価値の創造に努めてまいります。

 

【事業を通した社会課題の解決】

地域課題を事業の発展を伴った形で解決していく事をSDGsの推進と捉え、企業として短期及び中長期目標の達成に向けて、全社一丸となりさまざまな活動に取り組んでまいります。サステナビリティを重視した経営を推進していくことにより、これからも社会に必要とされ愛され、社員が誇りを持てる企業を目指してまいります。

お役立ち情報の一覧へ