保育士のスキルアップ術

保育士のスキルアップ術 イメージ

今度注目されているチャイルドマインダーって?!

保育士の資格だけ持っていても将来に不安がありますよね。
現在、保育のクォリティはどんどんレベルアップしています。その要望に応えるため、保育士もスキルアップをしておかないと、もし転職する際にも不利ですし、保育士として仕事をしていく上でも不利でしょう。
そこで、ここでは保育士として仕事をしていく上で、スキルアップできるような資格を書いてみたいと思います。
まず一つ目は、チャイルドマインダーという資格で、これはイギリスで誕生した資格です。
子の資格は少人数の子どもを家で預かる場合に必要となる民間の資格で、日本でも教会があり、今後取得する人が増えていくであろう資格です。
たくさんの子供を預かる保育所と、そうでない自宅で保育する仕事とは違うように思いますが、実際には発達途上の子どもを預かるといった点においては同じことです。

チャイルドソーシャルワーカーと幼稚園教諭とは?

次にチャイルドソーシャルワーカーといった資格があります。
この資格は、子どもの心理と医療の両方からサポートするための民間資格です。
この資格があることで、いじめや不登校、虐待などといった社会的な問題となっている色々なトラブルを抱えた子ども達を助けることができます。保育士という立場においては、保護者の質問や相談に乗ったり、子どもをサポートしていったりします。教育現場においてかなり必要性が高まっているので、スキルアップには最適の資格です。
次に、幼稚園教諭がオススメです。
認定こども園制度が本格的に始まり、この認定こども園への就職の際には、保育士と幼稚園教諭の両方の資格が必要です。これには特例制度もあって、資格が取りやすくなっているので、この特例制度を利用することで、保育士の免許と同時に取得できます。
この資格を取得することにより、幼稚園で働くことも選べるので、幅を広げるといったことや、将来性などを考えると、ぜひ取得しておきたい資格です。

医療保育専門士や英語関連の仕事もオススメ!

最後に、医療保育専門士といった資格もスキルアップに役立ちそうです。
この資格は、小児病院や病棟において、病気の子どもを預かる病児保育室などにおいて、その子ども達のサポートをする資格のことです。
この資格を取得するためには、看護としての医療知識の他に、子どもの心をケアしたり、カウンセリングの知識も必要となります。医療保育の実務経験が1年以上必要で、日本医療保育学会会員であれば、講習と論文によって認定される資格です。
今後スキルアップのために身に付けておいた方がいいのは英語関連の資格でしょう。
子ども達の英語学習の時期がどんどん早くなっており、英語ができればかなりスキルアップになります。今後取る資格の中なら、保育に関わりそうな資格を選ぶのがいいでしょう。
もし、今取得している資格があったら、それをどうやって保育士の仕事に活かせるのかということを考え、仕事に活かしていくようにしましょう!

お役立ち情報の一覧へ