保育士の服装・身だしなみ

保育士の服装・身だしなみ イメージ

保育士の服装はまず動きやすさを優先しましょう

保育士の服装や身だしなみで一番に気をつけるべき点は動きやすさです。乳幼児から小さな子供さんまで幅広く預かるのが保育士の仕事なので、動きの激しい子供さんや何があるか分からない乳幼児の緊急事態にも対応できる服装をするように気をつけましょう。
基本的にはジャージにエプロンが一般的です。保育園での指定があればそれに従うことになりますが、指定がない場合にも保育士の仕事上の動きやすさの点からジャージが一番といえます。最近ではデザイン性の高いジャージも有りますので、派手になり過ぎないものを選びましょう。
また保育士の身だしなみとして、色は小さな子供さんに刺激になるような派手なものは避けた方が賢明です。勿論露出の多いデザインはもっともNGです。保護者の目も意識して、保育士として安心感の持てる服装にすることと清潔感を重視しましょう。

ネイルやアクセサリーは必要が無い限り出来るだけ避けた方が賢明

保育士は服装以外の身だしなみとして、アクセサリーをつけることはどうなのだろうかと思う方もいる事でしょう。保育士の仕事はアクセサリーは極力避けた方が良いと言えます。女性ならネックレスや指輪、ブレスレットなどを付けたくなるものですが、保育士の仕事の性質を考えると付けない方が良いのです。
常に子供たちと肌を触れ合わせて仕事をしますから、キズを付けないような配慮が必要です。結婚指輪でさえもつけない保育士さんが多いのです。
また香水やコロンも子供たちに刺激となる場合があるため、つけない方が良いでしょう。ネイルは透明な物や肌色に近いものなら大丈夫ですが、爪を伸ばすのはNGです。
保育士の服装や身だしなみに必要なのは、必要以上に着飾らないということです。

ヘアースタイルやカラーリングは派手すぎ無いことが大切

保育士の服装や身だしなみの中で、ヘアースタイルやカラーリングについてはどうでしょうか。
やはり一番位考えたいのは動きやすいヘアースタイルにすることです。ロングの保育士さんの場合には後ろで縛った方が良いですし、前かがみになった時に髪の毛がバサッと落ちないような長さにすると良いでしょう。
また前髪が長すぎる場合には、子供たちに怖い印象を与えることもあるので気と付けたいところです。子供たちは大人の外見には敏感に反応しますから、出来るだけ明るい印象になるように心がけることが大切です。明るい保育士さんには子供たちも心を開きやすいのです。
カラーリングはあまり派手すぎない方が良いでしょう。保育士の仕事は保護者の方とも毎日接する仕事ですから、その印象も考えたものがベストです。
全体的に清潔感と動きやすさを考えて、保育士としての自覚を持った服装や身だしなみにしましょう。

お役立ち情報の一覧へ