保育園の行事

保育園の行事 イメージ

子どもたちより大人が真剣かもしれない運動会

子どもの成長を実感できる運動会は保育園の行事の中で人気ナンバー1です。
去年まではスタートできずに泣いてしまった我が子がかけっこで一番を取ったり、ダンスで一人だけ違う動きをしていた我が子が今年はきちんと踊れていたりと、仕事をしてそばにいられなくてもきちんと健やかに育ってくれているという安心感を得ることができます。
一昔前までは徒競走や玉入れ、パン食い競争などの定番な競争が主流でしたが、今は、仮装して走ったり、ダンスが流行の曲だったりと、他のお子様でも見ていて飽きない競技がたくさん用意されています。また、親が参加する競争ももちろんあり、おんぶ競争などでは大人たちが真剣に走る姿に子供たちも大喜びです。
季節は秋だけでなくゴールデンウィーク明けの初夏に行われているところも増えてきています。

子どもたちが大喜びで、食べ物のありがたさを知れる収穫祭

田んぼや畑が身近にない人は多いでしょう。庭があれば植物を育てられても、マンションや賃貸では難しいという大人の事情もあります。
そんな人たちにとって嬉しい保育園の行事が収穫祭です。定番のサツマイモはもちろんのこと、カボチャやジャガイモまで収穫する保育園もあります。収穫した食べ物は保育園で焼きイモをしたり、トン汁を作ったりして食べます。子どもたちは食べ物がスーパーにあるのではなく、もとは畑で育つものなんだということを知れる貴重な機会になります。
また、収穫祭を機に、好き嫌いが減ったというお子さんが多くなる事実もあります。食材のありがたみを知ることができ、好きな食べ物も増え、まさに素晴らしい行事と言えるでしょう。

保育園でもじわじわ人気になりつつあるハロウィン

最近急速にはやり始めているハロウィン。最近ではハロウィンの行事を取り入れる保育園が増えています。子どものかわいらしい姿を見たいという親心としては当然のことでしょう。
行事の内容としては、子供が仮装をし、大人のもとへいって「トリックオアトリート」と言ってお菓子をもらったり、ダンスやゲームをしたりというものが主流になります。衣装に関しては、差が出るといけないということで、保育園から支給されることもありますが、自分で用意しなければならないところももちろんあります。どれくらいのクオリティーが求められるのか、先生や友達など周りに意見を求めると良いでしょう。
また、子供だけでなく親も仮装をする保育園もあります。その場合は恥ずかしがらずに、百円ショップなどで帽子やマントを買い、ハロウィンの仮装を、子供と一緒に楽しむようにしましょう。

お役立ち情報の一覧へ