幼稚園教諭になるには?

幼稚園教諭になるには? イメージ

幼稚園の教諭になるにはどうすればいいのか?

幼稚園教諭になりたいと思ったときには、国家試験をクリアする事が必須になってきます。
国家試験をクリアした後に「幼稚園教諭免許」と呼ばれる免許を手にすることになります。この免許を取得するには、本来であれば「幼稚園教諭免許」の「国家試験」を受けることになります。
しかし文部科学省の指定する学校を卒業する事で免許を取得するというコースもあります。後者のコースのほうが、最短で取ることが可能です。
文部科学省の指定した学校に行くとなると、実習等で実践で子供と接することが出来ます。幼稚園教諭を目指すうえでそういった実践で学ぶことが出来る場は貴重です。また学校の就職サポートもありますので、幼稚園教諭の就職先を探す面では有利なこともあるでしょう。

幼稚園教諭の就職

幼稚園教諭ですが、地価ごとは保育園と幼稚園を一つにしよう、という動きもあり、認定の子供園と呼ばれる施設の普及が進んできています。幼稚園教諭の免許と保育士免許を持っていると就職には非常に有利になってくることでしょう。文部科学省の定めた学校へ行くと卒業すると同時に、保育士免許と、幼稚園教諭の免許の2つとも取れる学校もあるようなので、学校探しはなるべくお得な学校を探しましょう。
同じ学費でどちらかの資格しか取れないといった場合、2つの資格を取れる学校を選んだほうが、就職の面では非常に有利なことが出てくると思われます。
また学校選びの時には、自分の目的を決め、目的にあった最適な学校を選ぶように心がけておきましょう。

幼稚園の先生ってどんな仕事?

幼稚園の先生は、子供と遊ぶだけとか、休みが多いなどとよく思われることが多いそうですが、実際はとっても大変なお仕事です。朝は子供たちが、園に来る前の用意が必要です。遅くても、7時半には園に出勤していなくてはいけません。
また子供たちの、迎えのバスの時間を確認し子供たちの安全にも気を使う必要があります。バスは全部の生徒をお迎えに行くのに、大きい園では2時間前後かかりますので、バスに乗る時間も非常に長時間になる場合も有ります。
園では子供たちの体の状態をチェックしつねに健康管理に勤めなくてはいけません。 バスで酔った子もいますし、お母さんと離れて泣き続ける子の心のケアも必要になります。
書類も非常に多く、連絡帳の管理、お金の管理、沢山のプリントの管理など確実にチェックし、子供の相手をしながら書類記入を要求されます。いつも時間に追われることになります。
なので、幼稚園教諭の資格を取ったから終わりではなく資格を取ってから実務に慣れるまでが非常に大変なようです。しかし、子供が好きな先生はそれを苦と思わないのかもしれませんね。本当に素晴らしいです。

お役立ち情報の一覧へ