保育士の悩みBEST10

保育士の悩みBEST10 イメージ

保育士の悩みベスト10位~6位までをご紹介!

では10位の悩みから順にご紹介していきましょう!
10位は同僚が少ないこと、9位は保育園の理念に疑問を感じること、8位は雑用が多いこと、7位は研修制度がないこと、6位はステップアップできないこと、となっています。
見てわかるとおり、10位~6位までの悩みは働いている保育園に対する不満が多く挙げられます。もし、これらが原因で保育士をやめようとしているならば、まずは、別な保育園に目を向けてみることをおススメします。今働いている保育園を辞め、新しい保育園に転職することで悩みが解決できるかもしれません。
研修制度が充実し、保育士としてキャリアアップを十分望めるという待遇の良い保育園もあるのです。また、そういった保育園は人保育士も集まりやすいので、働きやすい環境であるところが多いです。

保育士の悩みベスト5位~1位までをご紹介!

では5位の悩みから順にご紹介していきましょう!
5位は勤務形態、4位は労働時間、3位は給料、2位は人間関係、1位は責任の重さになっています。
5位~3位に関しても、10位~6位同様、働いている保育園が良くない可能性もあります。ただ、保育士の労働は看護師やヘルパーと同じように、拘束時間が長く、肉体的にも精神的にもハードと言われています。
そして2位に関しては、職場だけでなく、保護者の問題もあり、多くの保育士を悩ませています。最近はモンスターペアレントという言葉もある通り、理不尽な要求をしてくる保護者が少なくありません。
堂々の1位の責任の重さについても、子供の命を預かっているということで、常にプレッシャーを感じていなくてはなりませんが、子供は危険なことをしたがります。心臓がいくつあっても足りないということになってしまうのです。

保育士として働いていくことについて考えてみる

子どもの笑顔や成長に関わることができるということで、子どもたちの将来の夢でも上位にあがる保育士。
しかし、実際に働いてみると、想像以上に過酷な仕事で、給料も少ないのに責任や要求だけが多く、保育士を辞めてしまうという人も少なくありません。保育士の悩みBEST10という形で上述してきましたが、恐らく、すべてについて悩んでいるという人も多いでしょう。
保育士をやめようか悩んでいる人は、まずは保育士として、別な保育園への転職を考えてみて下さい。働いている保育士が多ければ、労働時間が減り、責任から少しは解放されるかもしれません。
そして、理想の保育園が見つからないという人はいったん離れてみるのも良いでしょう。保育士という資格は永久的です。引く手あまたの職業なので、戻りたければ戻れるのですから、思い詰めずに気軽に考えてみて下さい。

 

お役立ち情報の一覧へ