病児保育とは?

病児保育とは? イメージ

子供の急な病気で利用したい病児保育

子育てをしながらお仕事をされている方には、一度は経験があるのが子供の急病です。
子供が病気の際は、保育園に預けられないので自宅での看病になりますが、お仕事をしているとなかなか休めません。そこで、利用したいのが、病児保育です。
病児保育は最近耳にする言葉であり、「37.5℃の涙」というドラマで、病児保育を行なう病児保育士について取り上げられています。病児保育とは、風邪や発熱などの病気で保育園に預けられない子供を、一時預かりして保育、看病するサービスのことです。
ご両親に代わって、子供の看病を実施してくれるので、安心してお仕事に行くことができます。
しかし、病児保育でも感染力が強い病気などでは、他の子供へ感染する可能性があるので断られるケースがあります。

病児保育の制度

病児保育は、「訪問型」と「施設型」があります。
「訪問型」は、ご自宅に病児保育士が訪問し病児保育を行ってくれるサービスです。一方、「施設型」は、保育園のように病児保育施設に子供を預けて病児保育を行うサービスです。どちらも病児保育士による看病を受けることになります。
病児保育士については、「病児保育専門士」、「認定病児保育スペシャリスト」があります。
「病児保育専門士」は、保育士または看護師に経験が2年以上ある方に受験資格が与えられる資格試験になります。つまり、保育士または看護師から病児保育専門士に専門領域を拡大していきます。
「認定病児保育スペシャリスト」は、資格試験の受験に前提となる資格や実務経験はありませんが、1次試験受験後、24時間の実務経験、認定試験を経て資格取得となります。
つまり、だれでも病児保育士になれる資格になります。

病児保育の現在

病児保育は、共働き世帯の世帯が増えていることもあり、利用する方も多くなっています。
しかし、上記にも記述したように、専用の施設での保育になるため、施設数も行き渡っていません。施設規模も小規模の保育ルームから病院内に専門部門として併設されているところまで様々です。
また、厚生労働省が発行する保育所保育指針により、平成12年度(2000年)から病児保育が、正式に定義づけられたため、助成などが行き渡っていないので、自己負担になる部分が大きくなるのも事実です。
とはいえ、東京の自治体では、年4万円を上限にした助成が出るようになってきています。
病児保育の現状は、まだまだ利用者のニーズに追いつかない状況ですが、この先利用しやすい環境が期待できそうです。

 

お役立ち情報の一覧へ