退職時の手続きと準備するもの

退職時の手続きと準備するもの イメージ

退職のために必要な手続きと準備の知っておきたいこと

退職を決める、あるいは決まっている場合には必要な手続きと準備が多くあります。円満退職をするためにも、確実に押さえておきたいポイントを挙げていきます。
まずは会社が行うべき手続きを考慮して、早めに行っておくことを把握する必要があります。
業務を滞りなく遂行するためには、自分の開けた穴を埋める意味で引き継ぎが大事です。そのために直属の上司に報告することが最初に行うことになります。すんなりと受理されれば良いのですが、引き止められることになれば説得する必要も出てきます。
それから、社内における引き継ぎなどの準備や得意先への挨拶などを行うことになります。立つ鳥跡を濁さ無いように、業務に支障をきたすことのないよう手配する心配りが必要となります。

社内における退職に備えての引き継ぎなどの準備について

退職後に会社に迷惑をかけないように、いかに心配りができるかによって、円満退職となるかどうかが左右されます。
まずは自分の業務を引き継いで滞りなく仕事が回るようにする必要があります。早めに報告することで、必要があれば求人募集をすることにもなりますし、人事の移動も伴う場合もあります。それに伴って自分が手がけている業務内容を伝えたり、作業手順を伝えることになります。必要があれば自分なりのマニュアルを用意しておくことも必要となります。
また、社会保険などの必要な手続きもあるので、事務から用意される書類の記入などの作業も行うことになります。さらに付き合いのある得意先へも挨拶回りをして、仕事を引き継ぐ人を紹介することも必要となります。

退職の際に行うべきことと用意しておくものや準備しておくこととは

様々な準備も滞りなくおこない、退職する日を迎えたら、その時に行うこともあります。
まず保険証と身分証明書の返却があります。忘れずに用意しておくことが必要となります。また、会社を通して受け取った得意先の名刺も全て会社に残す必要があります。引き継ぎの人に渡すなどして、残しておくことになります。
また、細かな点になりますが、通勤のための定期券も長期間分購入しているならば、精算して返却する必要があります。
逆に会社から忘れずに受け取る書類もあります。ハローワークへ提出するための離職票は再就職をするために必要となります。また年金手帳を預けている場合には、必ず返却してもらうようにします。そして年末年始には源泉徴収票を送ってもらうことを確認することも必要です。

お役立ち情報の一覧へ