入社(入職)前に準備しておくもの

入社(入職)前に準備しておくもの イメージ

後悔がないように遊べるだけ遊んでおくのが意外に大事

入社前にどんな準備が必要ですか?と会社の先輩に聞くと「今のうちに遊べるだけ遊んでおきなさい」といわれることが意外に多いです。
学生から社会人という立場に一度なってしまうと、自分が自由に使える時間というのは圧倒的に少なくなってしまいます。社会人になってから後悔することのないように、今のうちにきっちり遊んでおくということも大切な入社前の準備のひとつといえるでしょう。
もちろん、遊びすぎて単位を落として卒業できなくなったりするほど極端に遊びすぎてはいけません。仕事ができる人ほど仕事と遊びのオンオフの切り替えが上手くできる人ではないでしょうか。学生のうちから、そのオンオフの切り替えをしっかりできるようになっておくと、社会人になってから役に立つかもしれません。

入社前に取れる資格はとっておくと、即戦力になる

入社前に、仕事で必要な仕事は極力学生のうちにとっておきましょう。先にも述べましたように、社会人となってしまうと自分の時間が学生のときよりも極端に減ってしまいます。当然、勉強をする時間もなくなってしまいますから、学生で勉強時間がたくさんあるうちに必要な資格をとっておくといいでしょう。
社会人となってから、昼間働いて疲れた後で、夜中に資格の勉強をして合格を目指すのは本当に大変です。職種によって必要な資格は異なるでしょうから、自分がいく会社で必要な資格はなんなのか、よく調べた上で、無駄な資格に時間とお金を費やすのを避け、必要なものだけをとっておきましょう。
資格がないとできない仕事もありますから、会社に入った後、必要な資格をもっていると即戦力として扱ってもらえることでしょう。

入社前に入社後の自分をはっきりとイメージして見る

入社前に入社後の自分をはっきりとイメージして見ることで、入社前に準備しておくことが見えてきます。
この会社に入ったら、どんな働き方をして、どんなライフスタイルに変わっていくのか、できるだけ具体的にイメージして見ましょう。自分が働いている姿、将来的にどんな仕事を任されるようになっていたいか、などを考えていくと、自然と今これをして準備しておくべきということが見えてきます。
どんなことを準備しておくべきかは、人によって、それぞれの会社によってことなるでしょう。ですから一概には言えませんが、たとえばパソコンが使えたほうがいいとか、この資格があったほうがいいとか、この能力は身に着けておいたほうが良いなど、今のうちにやっておくべきことが見えてくれば、入社前にしっかり準備をしておくことができます。社会人になるまでの期間を無駄にしないようにしましょう。

お役立ち情報の一覧へ