失業手当とは?

失業手当とは? イメージ

会社員として知っておきたい失業手当に関する知識

会社員として勤務する上では、給料から様々な保険料が社会保険料として天引きされています。病気や怪我の治療に必要な健康保険や、高齢者となってからの生活に必要な厚生年金などがあります。
そして会社員としてのリスクに失業があります。会社の都合や自分自身の都合により退職した場合、次の職場を探すまでの生活費が必要になります。そのための給付金が失業手当です。これは社会保険の中の雇用保険から支給されることになります。
つまり、給料からわずかですが毎回保険料を支払っていることにより、受けることができる保障が失業手当というわけです。これは就職先を探している人に対して支払われるものなので、就職活動を行わない人に対しては給付されないことになります。

失業手当の給付を受けることができる条件について

会社員が失業したならば、誰もが失業手当を受け取れるというわけではないものです。
まず条件として、離職をした日以前の2年間の中で、雇用保険料を12ヶ月以上支払っていることが条件となります。もし失業の理由が会社からの解雇によるものや、倒産といった本人の意思では無い場合には、同じく1年間の間に6ヶ月以上雇用保険料を支払っていることが必要です。
それに加えて、就職活動を行っている証拠が必要となります。失業手当はハローワークで申請することで振り込まれることになりますが、4週間ごとにどのような就職活動を行っているのかをチェックされます。単に求人検索を行うだけでは認められないケースがあるので、注意が必要です。どこに履歴書を送り、面接を受けたのか、その実績を問われることになります。

受け取れる失業手当の金額と計算方法について知っておきたいこと

給付される失業手当は、退職するまでの6ヶ月間の給料を元に算出されることになります。だいたい50%から80%となりますが、これは給料の額によって決まります。
まず退職前における給与6ヶ月分を180で割ることで日額を出します。給与とは給料に様々な手当を加えたものとなり、ボーナスは含まれないので注意が必要です。そのようにして算出した日額を、離職時の年齢によって決まる給付率が当てはめられることになります。
この給付率を用いて、さらに用意されている計算式に当てはめて失業手当の金額が決定するわけです。そしてこの失業手当の給付される期間は、会社に在職した期間によってもことなりますし、また解雇などが理由であれば延長もあります。

お役立ち情報の一覧へ