転職活動の流れと知っておきたいこと

転職活動の流れと知っておきたいこと イメージ

転職活動を行う上では流れを把握することが必要です

転職活動を行うためには、まず事前にその流れと必要となる期間を把握しておくことが必要です。全体像がわかっていなければ、必要な作業を必要な時に行うことができないからです。
例えば引き継ぎを考慮せずにいきなり転職先への入社日を決めてしまうと、現在の会社とトラブルを起こすことになります。また、転職することにより一時的に収入が途絶えることで、生活に支障をきたすようなことも避けるべきです。さらには退職が決まったものの、肝心の転職先が定まらないという事態も避けなければならないものです。
そこで、まず最初に行うのは何故自分が転職を考えるとのか、そしてどのようにして次の就職先を探すのかを見直すことから始めます。その上で活動の流れを把握することになります。

転職先を確定するまでの活動の流れについて

まず転職先を探す流れがあります。就業中に情報を集めて履歴書を送ることになりますが、転職エージェントを利用するのもひとつの手段となります。求める条件と自分のスキルとのマッチングを頼むわけです。
そして候補となる会社が見つかったところで、履歴書を送ることになります。まずはその書類選考に1ヶ月はかかると見た方が良いです。会社によっては、ある程度の募集が集まってから選考を開始するところもあるので、事前に情報を集めておく必要もあります。
そして選考を通れば面接へと進み、内定を受けて入社日などの条件を詰めて入社という流れになります。これはあくまでも転職先に関する流れとなりますが、活動は現在の会社でも同時進行で行う必要があります。

会社での退職へ向けての転職活動の流れについて

転職活動の流れは、次の会社への入社が決まればすぐに移れるというわけにはいかないものです。
現在の会社での退職願いから引き継ぎまでの流れも把握しておくことが大切です。一般的な会社の規約では、退職の2週間までには報告をすることとあります。
けれども実際には引き継ぎの期間もあるために、もっと早めに退職の相談をするケースが多いものです。転職先が決まるまでの流れもあるので、その進捗状況を把握しながらも退職のための活動も行う必要があります。タイミングがずれてしまうと、引き継ぎが十分に行えないうちに辞めることになったり、逆に辞めてしまっても就職先がまだ定まっていないという事態にもなりかねないものです。うまくタイミングを合わせた活動を行うことが大事です。

お役立ち情報の一覧へ