転職活動の始め方

転職活動の始め方 イメージ

転職活動の始め方で一番にするべきは自己分析

転職を考えた時に、転職活動の始め方として一番にするべきことは自己分析です。自分はなぜ転職したいのか、その問題点を考えることが必要です。問題点は給料待遇面なのか、人間関係なのか、通勤距離の問題なのか、仕事の任され方に不満があるのか、評価が不満なのか、仕事内容自体が問題なのかなどを考えてみましょう。転職活動の始め方の一番最初はそれらをノートに書きだして、自分を客観的に冷静に判断することなのです。
その結果どんな職種に就きたいのか、どんな方向性で仕事をしていきたいのかどの程度の待遇を求めているのかが自ずと分かってきて、転職の面接の際にも的確な返答を導き出し事が出来るのです。本当に転職をすることが必要なのかと言った根本的な事から考えてみましょう。

転職することによるメリットデメリットを知る為に転職経験者の話に耳を傾けよう

初めての転職には色んな不安がつきものです。転職をすることでどのような影響があるのか、転職を有利に進めるためにはどのようなコツがあるのかなど、経験者にしか分からないことがありますので、転職活動を始めるときには経験者の意見を聞いてみましょう。そこから自ずと転職活動の始め方が分かって来るのです。
また希望を持って転職活動をはじめても、また転職が成功したとしても、また今と同じ不満を持って更なる転職活動を強いられる状況に陥ることもありうるのです。そうならない為に、経験者の意見を聞くことは転職活動の始め方としてとても大切な事なのです。
また誰かに相談する場合は、現在の職場の人は避けた方が賢明です。転職を考えていることが現在の職場に知られてしまうと、その後の仕事がやりFにくくなり支障が出ることも考えられます。

転職活動を始める時期は在職中か退職後か どちらが有利?

転職活動の始め方として、退職後に集中して行った方が成功率が高いと考える人もいるでしょう。しかし一般的には在職中に転職活動を始めるのが常套手段です。退職後に転職活動を始めた場合、上手く行けば問題は有りませんが、もし何社も受からないということがあると気持ちの上でも焦りが生じます。また採用する側からしても、退職を急いだ理由を悪い意味にとられることもあるのです。退職後6か月を過ぎると転職成功率はぐんと下がってしまうというデータもあります。
また退職後となると生活費のやりくりも考えなければならず、特に家族が居る人の場合には深刻な問題となることもあるので、あまりお勧めは出来ません。
転職活動は始め方のタイミングを逃すと全てが上手く行かなくなることもあるので、どちらがリスクが低いのかを考えることも転職活動の始め方としてはとても重要なことなのです。

お役立ち情報の一覧へ