転職の成功例と失敗例

転職の成功例と失敗例 イメージ

後悔する前に!これだけは避けたい、転職の失敗例

転職に失敗するケースは往々にしてあります。その最も多い失敗の例としては、次の仕事がなかなか決まらず求職期間が長引くケースや、生活に困りアルバイトを続けると言ったケースです。予測に反して採用に至らない場合もありますし、見通しが甘かった場合もあるでしょう。あるいは、退職後に方向性を見失うこともあるでしょう。辞めたい気持ちが先立ち、転職後の展望や転職の可能性を確認しないで退職に踏み切った場合いなどには、その可能性が高いと言えます。
次に多い失敗例としては、ステップアップを見込んで転職したにも関わらず、雇用条件が悪化してしまった、職場環境が思わしくない所に入ってしまった、希望の仕事内容ではない等の事例があります。職場環境については予測し難い部分ですが、雇用条件に関しては事前に分かっている部分です。転職期間が長引くと焦って決めざるおえなくなり、そのような選択をしがちです。

希望が叶いステップアップに繋がった、転職の成功例

転職に成功する事例としては、自分の希望通りの職場に転職でき、給与や待遇なども満足のいくもので、仕事内容も希望通りになったと言うケースです。総じて、転職が自分のステップアップの機会となったケースと言えるでしょう。
転職の目的は人それぞれに違います。全ての条件がステップアップしなくても、自分の転職目的が叶えば、結果として成功したことになります。例えば、仕事の幅を広げてキャリアアップを図りたいと考えていた人が転職でそのような環境が整った場合は転職に成功したと言えます。やりたい仕事に就けた場合も同様です。雇用条件に不満があった人が、転職で給与アップや昇格が叶った場合や、劣悪な職場環境が悩みであった人が、良い環境の職場に移れた場合も、転職が成功に繋がった事例と言えるでしょう。

転職に踏み切る前の確認とスピーディな転職活動が、成功するポイント

以上のように転職は、結果が大きく二分する機会と言えます。転職に失敗した例を参考にすると、転職に成功するための秘訣が見えてきます。そのポイントは、転職に踏み切る前の確認とスピーディな転職活動にあると言えます。
転職に踏み切る前に、まずは転職の目的をしっかり定めましょう。仕事内容なのか、雇用条件なのか等、自分の気持ちを確認しましょう。また転職の可能性を確認するのも大切です。他の会社で採用してもらえる可能性があるのかどうか、自分の能力を振り返り転職のタイミングなのかどうか、希望職種の求人数はあるかどうかなどです。ネットの転職情報を利用すれば、事前の情報収集は可能です。それらの確認を経て意志が固まった場合に転職に踏み切れば、転職に失敗し難いでしょう。
一方、転職活動が長引くことによる転職の失敗を防ぐためには、スピーディな転職活動が大切です。それを実現するには、在職中からの情報収集が大切です。それをしておけば退職後に直ぐに転職活動に取り掛かることができ、結果として早目の転職が可能となります。

 

お役立ち情報の一覧へ