退職理由の例文・サンプル集

退職理由の例文・サンプル集 イメージ

職場を退職をするにはそれに伴う意思表示が必要

退職を決意するに至っては、それぞれに理由や事情がある事と思います。特に不景気とされる現在において、せっかくの仕事を辞めようというのですから尚更とも言えるでしょう。これが寿退社であったり、またより良い職場への転職が決まっているならまだしも、現在の職場や待遇に対する不満から来る退社であったり、精神的な部分から仕事に対するモチベーションが下がるなどの理由があるのなら、これからまた大変な就職活動も大変かもしれません。
しかし、どの様な理由でも退職を決めた以上は会社にその旨を伝えなくてはなりません。これは正社員であればもちろんですが、パートやアルバイトでもするべき事なのです。もっとも、その手順については立場による違いがあります。

辞め方における法的ルールとマナーに理由について

まず自分が退職するという事は、その仕事を代わりにおこなう人が必要になります。特に明確に担当が決まっていたり、また少人数の会社であれば尚更です。法律的には2週間前に退職の意思表示をする事で良いのですが、その期間では後任も見つかりにくく、また仕事の引き継ぎも困難なので1ヶ月以上前に伝えるのがマナーと言えるでしょう。また会社ごと退職におけるに規則も異なるので、それにしたがった方が無難です。
退職の意思表示の際には理由も伝える事になります。それが当たり障りのないものであればまだしも、もし会社に対する不満などがあっても正直に言わない方が良いでしょう。本来ならば理由を伝える必要もないのかもしれませんが、それだとあまり好ましい辞め方とは言えません。基本的に円満退職が理想ですし、それによって遺恨を残す事になれば今後の再就職活動にも支障をきたすことも考えられます。

正社員であれば退職願を提出する必要がある

退職の意思表示をする場合、正社員であれば退職願を提出する事が常識です。もしかしたらパートやアルバイトでも提出を求められる事もあるでしょう。退職願として提出する以上は、その書き方や内容が重要になります。まず退職願はワープロではなく手書きが基本となります。そして退職願を書く際には本やインターネット上の例文を参考にすると良いでしょう。
理由については退職願に細かく書く必要はなく、一身上の都合で充分ですし口頭で聞かれる事と思います。間違っても退職願に会社の不満を書き込む事の無いように例文などを見ながら完成させましょう。ちなみにもし会社が退職願を受理しないとしても、それは法的に認められません。もちろん円満退職が理想ですが、いわゆるブラック企業などで認められない場合には労働基準監督署に訴える方法もあります。

お役立ち情報の一覧へ