失敗しない退職の伝え方

失敗しない退職の伝え方 イメージ

知っておきたい、失敗しない退職の伝え方のポイントについて

退職の伝え方には、失敗しないために押さえておくべきポイントがあります。まずはそのタイミングと誰に切り出すかということです。そしてもうひとつは、どのような切り口で退職を切り出すのかということが挙げられます。共に共通するのが、自分の都合だけを考えないということです。会社には業務に携わる人材が無くなるという不都合が生じるわけですから、それをいかに補うかといった配慮をする必要があります。もちろん、そのために退職そなものを考え直す必要は無いものです。前向きに会社に対して何ができるのかといった観点から退職の伝え方を考えることが大切です。そしてできる限りの誠意を見せることが、失敗することなく退職するためのコツにもなります。

失敗しない退職の伝え方は、とにかく早めに上司に報告すること

これまでお世話になった会社に、退職を伝えるのは後ろめたいものでもあります。とは言え、いつまでも切り出せずにぎりぎりまで報告しないでいるのは避けるべきです。一般的には退職の2週間前には報告をする義務がありますが、引き継ぎなどを考えるともっと早めでも良いものです。会社としては次の人材の確保もありますし、何かと引き継ぎのための準備が必要になります。場合によっては業務に支障をきたすことにもなりかねないので注意が必要となります。また、あまりにぎりぎりまで退職を切り出さずにいると、強く引き止められることにもなりかねないものです。そして伝える相手は直属の上司ということになります。人材の管理を任されている上司に早めに伝えることによって、その負担を軽減させる配慮が失敗しないためには必要というわけです。

退職の伝え方を失敗しない切り口について

退職の意思をまずは直属の上司に行うことがわかったところで、次にどう切り出すかという課題があります。まずセオリーとしては、お話がありますと伝えて時間を取ってもらうことが必要です。こちらから一方的に話して終わるわけではなく、上司の話も聞く必要があるものです。そのための時間を確保するという意味で、きちんとアポを取る配慮が必要となります。そして退職の理由を述べると共に、会社の事情も聞くというスタンスを持つことが失敗しないポイントです。時に引き止められることもあるものですが、正直に退職したい理由を述べて、誠意を感じてもらうことが大事です。もしそこで、自分が問題だと考えていたことが解決されるようであれば、状況が変わることもあります。じっくりと話をするスタンスを持つことが大切です。

お役立ち情報の一覧へ