退職を引き止められた時の上手な断わり方

退職を引き止められた時の上手な断わり方 イメージ

転職を考える際の退職について考えておくこととは

何かしらの事情により、転職を考えることはよくあります。そこで誰もが思うことは、その理由について退職時にどのように伝えるかということになります。会社として必要とする人材であれば、どうしても引き止めることになります。それに対してどのような断り方をすれば良いのかと悩むわけです。そこで是非行っておきたいことは、退職時に考えられる引き止め方と、それに対する断り方をあらかじめ想定して考えておくということです。その場合、方針としては大きく2つに分けることができます。まずは今の会社に不満があって退職するというスタンスのものです。そしてもうひとつは、家庭の事情によりどうしても退職せざるを得ないというスタンスによるものです。

会社に不満があるために退職するというスタンスによるケース

退職理由として会社に不満があるという場合には、引き止められても様々な断り方を考えることができます。そこに長く居ることによって、自分にいかに不利益がもたらされるかを語れば良いわけです。最も多い理由として、給料の安さを取り上げることができます。これは会社としてもどうにもならない場合が多いので、それ以上引き止めるわけにはいかなくなります。そして断り方として効果があるのが、仕事がきついということです。例えばノルマがきつかったり、あるいは業務内容にどうしても馴染めずにモチベーションが上がらないといった理由となると、会社と本人との相性の問題となります。会社としてもそれ以上引き止めることはできないことになります。

家庭の都合による理由で退職するという断り方のケース

家庭の都合で退職すると言われると、会社としてもそれ以上引き止めることは難しくなるものです。というのも、家庭状況を会社がどうこうすることはできないからです。それでも詳しく、その状況説明を求められたり対処方法を提示されるような場合もあります。そのような時には、あまり細かく話をしてしまうと逃げ道が無くなる場合があるので、ある程度のところで個人的な事情なのでと断ることが必要です。会社としても親心で心配してくれる場合もありますが、それを感じて情が出てしまうと退職しにくくなります。ここは一線を引いて、とにかく現状が続くのは苦しい旨だけを伝える断り方が無難となります。無理して仕事を続けていても、自分が苦しい思いをすることになります。退職すると決めたのであればそういった割り切りは必要になってくるでしょう。

お役立ち情報の一覧へ