書類の書き方~間違いやすい用語集~

書類の書き方~間違いやすい用語集~ イメージ

入社時の提出書類は、間違いの無いよう念入りに。

この会社に入社したい!そう思って実際企業を訪れ内定を得たはいいものの、当然内定が決まった後にも重要書類の準備が必要になります。この書類の用意や書き方を間違いのないように書いておかないと、企業からのイメージも大分異なってきます。なので、書類を書く前や、書いた後にもしっかり注意しながら記入し確認していきましょう。入社の際用意する書類は、書類によっては用意に時間がかかる書類があるので、早いうちから準備をしておきましょう。書き方や内容についても間違い無いよう細心の注意を払いましょう。よく数字の書き方を間違える人が多いので、この数字に間違いがあると全く意味の無い書類になりかねませんので念入りに確認をしておきましょう。

一般的に、入社時に用意する書類一覧。

まず、内定が決まりほっと一息ついている暇もなく、企業先に提出する必要書類の準備が必要になります。この書類は入社するまでには送付しないといけない重要な書類です。入社してから出すことが出来る書類もありますが、入社するまでに送っておかなければいけない書類もあるので気をつけましょう。なるべく早くに必要になる書類を手元に用意し、事前に急がなくてもいいようにしておきましょう。大抵、内定承諾書や年金手帳、雇用保険被保険者証、源泉徴収票、給与の振込先届の書類、健康保険被扶養者異動書、扶養控除等申告書、が何処の企業でも求められる一般的な書類になります。内定承諾書は新卒に多いものです。また、医療食や介護職などの資格職の場合は、資格を証明する書類が必要になります。時に身分証明書や卒業証明書を求められることもあるようです。

企業に書類を送る際のマナーとして

各種手続きにおき、入社書類などを送付するときには「添え状」というものを一緒に送付します。添え状というのは、簡単に言えば入社書類と一緒に送る簡単な手紙のようなものになります。
手紙といっても友達に送る手紙とは違い、完結に書き上げる必要があります。具体的には宛名と送り主、書類の名称、補足といったものになります。添え状もマナーですので、形式や書き方もありますので、事前に調べておいて、参考にしながら書いていきましょう。内定でほっと一息する暇も無く、入社書類の準備になりますが、早目の準備をし間違えの無いように書類を書いていきましょう。
添え状の書き方も参考書類を用意し、詳しい人に聞いてもいいかもしれません。

お役立ち情報の一覧へ