入学・卒業年度早見表(和暦・西暦区分あり)

入学・卒業年度早見表(和暦・西暦区分あり) イメージ

就職活動における履歴書の重要性

就職活動において、履歴書は自分をアピールする武器の一つです。

しかし、履歴書自体が形式的な書類の為、ただ書くだけと軽視する就職活動者が多数存在しますが、

そのような考え方では書類選考で落とされます。

最近では、紙媒体ではなく、パソコン書きや電子媒体で問題ないという企業も増えましたが、手書きの履歴書の提出が必要な企業もいます。文字、写真、内容などから意欲や本人の性格読み取ることができるので企業側にメリットがあるのです。

その履歴書の中には、自分の学歴を記入する欄が存在します。

どこの学校の、どの学科にいつ入学し、いつ卒業したのかを明記すればよいのですが、意外と入学と卒業の時期を把握していない就職活動者は多数存在します。

入学・卒業年度早見表の活用

入学と卒業の時期を把握していない就職活動者が一から調べるとなると意外と時間がかかります。

仮に一度、書いたことがあったとしても、時間が経てばそれを覚えておくことはできません。

さらに、履歴書によっては西暦で記入する場合や、和暦で記入する場合があります。

調べた暦が履歴書とは逆だった場合、また調べ直しになってしまい、手間が発生します。

そこで活用できるのが『入学・卒業年度早見表』なのです。

『入学・卒業年度早見表』とは、生まれた年ごとの入学・卒業年が一目でわかるもので、現代社会であれば、インターネットで検索すれば簡単に閲覧出来る早見表です。表によっては和暦・西暦でまとめてあるので、活用することで調べる手間を抑えることができるのです。

特に早生まれの方は、自分の入学と卒業の時期を間違えている覚えている場合があるため、『入学・卒業年度早見表』でしっかり確認する必要があります。

履歴書の誤記で人生が左右される

企業側では、履歴書で就職活動者の能力を確認します。

その履歴書に、誤記が存在すれば、『この程度の書類も満足に作成できない』という認識を持たれます。

さらに、企業によっては誤記を偽装と判断する場合もあります。

就職活動において、周囲の就職活動者とは違うというアピールは重要な行為です。

そのアピールするための武器が履歴書になります。

企業側でも、もし同じ学歴だった場合、履歴書を比較し、内容が明記され、誤字脱字のない履歴書を提出した方を採用する場合があります。

それだけ、履歴書は重要なのです。

その履歴書で誤字脱字を避けるためには、『入学・卒業年度早見表』を活用することです。

しっかりとした情報を基に記入することで、完璧な履歴書を作成でき、就職活動から脱却できるのです。

お役立ち情報の一覧へ