退職願の書き方と注意点

退職願の書き方と注意点 イメージ

そもそも退職願とはなにかをご存知ですか?

退職願とは退職をしたいということを上司に願い出るための書類です。似たような書類に退職届もありますが、こちらは退職をすることを決定している書類となります。退職願の場合には、提出した後にも撤回が可能ですが、退職届の場合は撤回ができません。

また、退職願を提出するのは自己都合で退職する場合のみです。定年退職や解雇など会社都合の場合には必要ありません。会社都合であるのにもかかわらず、退職願の提出を求められた場合には拒否するようにしましょう。失業保険の給付に関わりますので注意が必要です。

さて、退職願はいきなり提出するのはよくありません。まずは口頭で上司に退職したい旨を伝え、退職時期や後任のことなど、退職についてをすり合わせます。その際に、退職願についてはどうするかを確認すると良いでしょう。退職願でなく退職届を提出しなければならなかったり、フォームが用意されている場合などがあります。

退職願を書くときに知っておきたいポイント!

退職願の書き方で押さえておきたいポイントは5つです。

一つ目は『私事』です。使い慣れない単語ですが、一行目の一番下に記載します。

二つ目は退職理由です。転職や結婚などプライベートなことは記載しなくて問題ありません。『一身上の都合により』と一言記載しましょう。

三つ目は退職日です。これは上司と退職の日程を調整し、最終的に決まった日付を記載するようにしてください。

四つ目は自分の名前を記載するところです。提出日と所属部署、そして名前を記載するようにしましょう。また名前の下には判子を押すことを忘れないでください。

五つ目は会社の名前と社長名を記載するところです。提出する相手は上司が多いですが、上司の名前ではなく社長の名前を記載します。敬称は殿を使うのが一般的です。

退職願では覚えておきたい諸注意がある!

退職願の書き方で覚えておきたい諸注意は3つです。

一つ目は用紙についてです。A4サイズの白地の便箋を選ぶようにしましょう。線があってもなくてもかまいませんが、縦書きで記載するのが一般的です。ワードなどで作成し印刷したいでしょうが、履歴書と同様で、手書きが一般的です。筆記用具は万年筆かボールペンの黒を選ぶようにしてください。

二つ目は封筒です。こちらも白い封筒を選んでください。表面に『退職願』、裏面に『部署名と名前』を記載しましょう。

三つ目はコピーを取っておくことです。あなたが自己都合で退職をしたいという意思表示の書類となります。なにかあったときのために、念のため控えとしてコピーを取っておくことを忘れないでください。

お役立ち情報の一覧へ