履歴書の書き方と例文

履歴書の書き方と例文 イメージ

就職活動をする上で履歴書の役割と基本的な記入項目

就職活動をする上で、必ずといってよいほど必要になるのが履歴書です。

面接時に履歴書を持参する場合もありますが、そうでない場合は、事前に履歴書を送付して、まずは書類選考を通過する必要があります。(転職の場合には職務経歴書を添付する場合もあります。)たかが書類一枚ですが、おろそかにしてしまっては就職活動の出鼻をくじかれることになります。的確に、適切に自分自身をアピールし、就職に結びつけることができるよう、履歴書の書き方を押さえていきましょう。

まずは新卒なのか再就職かなど目的にあった履歴書を選ぶ必要があります。その上で、鉛筆で下書きをして、黒のペンで清書しましょう。

履歴書によって若干の項目は左右しますが、氏名、生年月日、住所、連絡先と言った基本事項から、学歴・職歴、免許・資格、趣味や特技、自分自身の性格、志望動機等を記入する必要があります。

基本的な書き方について(基本事項~学歴・職歴について)

具体的な書き方のポイントを示します。

日付:持参の場合は当日、郵送の場合は郵送する日を記入します。

氏名:戸籍上の氏名をバランスよく、ふりがなはひらがなかカタカナか文字種にあわせて記入します。

生年月日:郵送(持参)当日の生年月日、元号を使用します。

住所:都道府県から記入します。“丁目”や“番地”は“-”で省略しないようにし、マンションなどは部屋番号も記入します。

写真:3か月以内に撮影した写真館撮影のものを使用することが望ましいです。スーツを着用し、印象の良いものを選びます。また、写真の裏にははがれてしまった時のことを考慮し、氏名を書いておきます。

学歴:一行目の中央に学歴と記入します。中学卒業から記入し、高校以上は入学卒業ともに記入します。専門学校や短大・大学は学科名まで記入します。

職歴:学歴の下の行の中央に学歴と同様職歴と記入します。職歴に合わせて賞罰と書き、ない場合(大きなもの以外は記入しません)“なし”と記入します。

学歴職歴の共通事項としては、学校名も会社名も正式名称で記入します。

自己アピール欄の書き方について(資格や志望動機など)

免許・資格:取得した順に正式名称で記入します。資格として有効なものは2級以上です。取得に向けて勉強中のものがある場合は記入します。

趣味や特技:具体的なエピソードを盛り込んで、魅力的な人間性をアピールします。例えば「読書」などの単語だけではなく、好きな作家や作品などを挙げるのがよいでしょう。また、パチンコなどのギャンブルはNGです。

性格:具体的な例で人間性をアピールします。ポジティブな内容にし、おとなしいなどの否定的な表現は使用しないようにします。

志望動機:貴社の将来など、ありきたりな表現は避けて自分の言葉で記入します。志望の理由を明確にし、経験をどのように生かせるのかを具体的に記入します。書ききれない場合は職務経歴書に記入します。

その他:本人希望欄には希望する仕事と熱意を具体的にアピールします。通常、給与に関しては記入することは避けたほうが望ましいです。

それぞれに共通する項目はできる限り空白が目立たないようにし、行間などを調整してバランスよく収めることが大切です。最後には必ず誤字・脱字をチェックして、ミスがある場合、修正ペンなどは使用しないで書き直して下さい。

この人に会いたい!と思わせるように記入することが大切です。履歴書を使いまわすことは避け、希望する会社にあったものを丁寧な字で心をこめて記入し、就職へのファーストステップに繋げましょう。

お役立ち情報の一覧へ