面接で緊張しない3つのポイント

面接で緊張しない3つのポイント イメージ

面接は通過点に過ぎないことを自覚する

 面接で緊張してしまう原因として、面接の採用試験に合格することばかりに目がいってしまっていて、入った後のことを考えていないことがあげられます。社会人となった後のことを考えてみてください。面接の後社会人となれば、試験の面接より緊張する機会なんていくらでもあるでしょう。それらのことに比べれば、面接での緊張なんて通過点に過ぎないのです。そう考えると、あんなに大きな問題に見えていた面接が小さく見えてこないでしょうか。必要以上に面接を恐れていると緊張してしまいます。面接はあなたを見極めるための試験に過ぎないのだと、ある程度割り切った気持ちをもって面接にのぞむといいでしょう。そうすれば余計な緊張もなくなることでしょう。

失敗を恐れない

 面接では失敗を恐れないようにしましょう。ひとつもミスをしてはいけないと自分を追い込んでしまうと、がちがちに緊張してしまい、かえって多くのミスを招いてしまいます。多少のミスがあったとしても、大切なことが相手に伝わっていればよいのです。面接官もすべての受験者を落としたいわけではなく、面接を受けにきたそれぞれの人がどんな可能性を持っているのか見極めたいのです。ですから、ちょっとしたミスくらいなら見逃してくれてあなたの本質をみようとしてくれるはずです。逆に面接中にあなたのあら探しばかりをして、ミスを誘発してくるような面接官ならそんな会社こっちから願い下げだと思うくらいに強気でいきましょう。失敗を恐れず堂々と話すことで、ミスを恐れて緊張して小さくなってしまっている人よりも面接官に評価されると思います。

ゆっくり落ち着いて話す

 面接の時には緊張してつい普段より早くしゃべってしまいがちです。意識して少しゆっくりめに話すようにしましょう。あまり早口になってしゃべりすぎると、相手から「聞こえなかったのでもう一度お願いします。」といわれる機会が増え、自分が責められているように感じられて緊張も増してしまいます。相手の目を見て落ち着いてゆっくり話すことで、「この人は人前で話すときも落ち着いてゆっくりはなす能力を持っている人だ」ということを相手の面接官に印象付けることができます。緊張してどうしても早口になってしまいそうなときは、面接の直前に深呼吸をして気持ちを落ち着かせ、それから面接にのぞむようにしましょう。最初の一言を落ち着いてゆっくり話し始められれば自然とその後に続く言葉も緊張せずに冷静に話していくことができるはずです。

お役立ち情報の一覧へ