面接で注意したい3つのこと

面接で注意したい3つのこと イメージ

面接で第一印象を良くするためにもう一度確かめたいこと。

面接はまず、部屋に入った時の第一印象がとても大事なことは誰もがわかっていると思います。

第一印象はどうしたら良くなるのか、考えてみます。

まずは、第一に面接官が第一印象で『不潔』と感じることがないように身だしなみに注意すること。

不潔という印象は、スーツにふけがある、スーツがよれよれ、何か月も手入れをしていないような髪型、髪の毛の手入れがだらしない、爪がのびている、靴がきたない等から感じられます。普段から身だしなみに気を付けると共に第三者に面接当日の服装・髪型を見てもらい自信をもって面接に行くといいでしょう。

第二に適度な緊張感で面接にのぞみましょう。面接を何社も受けたり疲れていたりすると気が緩みがちになります。緊張感のなさは面接室に入る時の挨拶・声・姿勢に現れてしまいます。そんな所も第一印象に影響します。ちょっとしたことですが、頑張って緊張感を保ちましょう。

面接当日以外でも注意しておきたい印象を悪くしてしまうこと。

面接は当日以外のいろいろな事で合格・不合格が決まることがあります。

面接官は当日の面接以外のことも面接者本人を判断する材料として注意しています。

第一に、面接日程のこと。基本面接日を変更することはご法度ですが、急用・体調不良などの場合もあると思います。しかし、一度だけでなく二度、三度と日程を変更してしまうとそれだけで印象が悪くなります。急用は仕方がないとしても体調には十分注意して面接がありそうな時は体調不良で面接をキャンセルすることはないようにしましょう。

第二に面接前に日程の連絡をやりとりをする電話やメールに注意しましょう。面接官は面接の連絡担当者から面接前に情報収集している場合があります。電話になかなかでないやメールの文面が”ため口”調・丁寧語や”です、ます調”が使えないなど問題視されてしまいます。自信のない人は練習しておきましょう。

面接官はこんなところでも人となりを判断しています。

面接官は何人もの面接者を見ています。そんな中で困ったり、印象が良くならないことがあります。

まず、面接官がどうしても困ると思うことは『泣いてしまう。』ことです。

面接の進行を妨げるのはもちろんですが、泣いた印象を挽回するのはかなりむずかしいことです。仕事の上でも『泣く』ことは相手を困らせるこなので誰もが気を付けていること。最近では厳しい質問もあるようですが、そんなところでは臨機応変な対応ができるか面接官は見ています。

それと面接での受け答えの内容が全てマニュアル的であると印象が悪くなります。面接に受かりたいと思えば思うほどマニュアルを見て考えてしまいますが、面接官は面接でその人の人となりを判断したいと考えています。マニュアル回答では大きなマイナス点はつかないかもしれませんが、この人にどうしても入社してほしいとはならないかもしれません。同じような回答でも自分の言葉で話しましょう。

お役立ち情報の一覧へ