必見!面接でのNGワード

必見!面接でのNGワード イメージ

その会社にあった常識的な言葉づかいができればOKです!

面接でのNGワードという大それたタイトルですが身構えなくても大丈夫です。まずは初歩的ことから説明していきます。

当たり前ですが、常識をわきまえていることは大事です。例えば面接室への入室、退室の際には「失礼します」、「ありがとうございました」を言えることです。

NGな例「チョリーッス」、「っしたー」

………言うまでもなくダメです。ただし…多くの会社ではの話です。

多くの会社はなぜダメなのですかということですが、それは多くの会社のルール、企業風土、求める人材に関係してきます。詳しくは以下の見出しでも述べますが、

実は上記の3つを抑えていれば、先ほど挙げたNGな例のギャル言葉のような挨拶でも受かるということがあるんです。

面接する会社のルール、企業風土を考えましょう!

それでは先ほどの3つのうち会社のルール、企業風土について説明します。

(ルールと企業風土は似たようなものだと思ってもらって結構です。詳しく知りたい方は検索してみましょう。)

例を挙げると、紳士服を販売する会社があります。ルールはなんでしょうか、販売員に注目してみます。

販売員が販売しているものは何でしょうか、紳士服です。

ではどうすればお客様は紳士服を購入してくれるでしょうか、いろいろ方法はありますが、販売員自身が販売する紳士服を着て似合っている、その姿を見せて購入意欲をそそるという方法があります。

この時の販売員のルールはなんでしょうか、それがそのまま会社のルールになります。

それは紳士服を着こなせることが最低限のルールになります。つまり紳士です。

このとき面接でのNGワードは、紳士にあるまじき言葉遣いとなります。

面接する会社の求める人材像を考えましょう。

会社の求める人材像を考えれば、面接でのNGワードがみえてきます。

アニメ制作会社での面接について考えます。ここではその中でも、制作進行という職種について考えます。

制作進行に求められるのは、作業工程を円滑に進めるコミュニケーション能力、体力、運転技術、そして、仕事を途中で投げ出さない人物かということです。

この中でも「仕事を途中で投げ出さない」ということが一番重要です。

では求める人材像はどんなものでしょうか、上記の一番重要なことに着目すると、「忍耐力のある誠実な人」となります。

面接ではストレスに耐えられるか、そのストレスの状況のなかでも冷静かつ円滑にコミュニケーションをとれるかということをみられます。

NGワードは上記に反するもの、例えば事故PRで「自分は打たれ弱いのですが…」などはNGです。

お役立ち情報の一覧へ