【面接のコツ⑨】転職回数が多い場合の対策

【面接のコツ⑨】転職回数が多い場合の対策 イメージ

どうして転職することが多くなったのか説明すること

面接は履歴書を見て色々な質問をされることとなりますが、転職回数が多くなっていると、絶対に転職することが多い理由を聞かれることとなります。転職回数が多いことは、会社として利用できるかどうかが分からない部分もありますし、すぐに辞めてしまうのではという疑問があるからです。そのためしっかりした仕事をしてもらうためにも、転職回数が多いことは聞かれてしまいます。

この時には、何故転職をすることとなったのかを説明しておくことが大切です。転勤が嫌で辞めているのであれば、転勤が嫌だったので職を変えているという話でも構いませんし、単純に会社の雰囲気になじめないならそのような話をしても結構です。とにかく理由が正確であることと、出来る限り本音であることを伝えられるようにしておかなければなりません。

1つ1つの説明をしていると長くなってしまうので注意

面接のコツとして、手短に話を終えておかないと、面接官に対して余りイメージを持ってもらえないということがあります。転職回数が多くなっているというのは、全てを説明しなければならないように思われます。しかしそれは間違いであり、1つ1つを説明するのではなく、大まかにこうした理由があって転職をすることになったという話をしておくのです。

多くの場合は自主的に転職を考えていることとなりますから、当然のように面接でも自分が行ったことであることは話をしてください。その上で手短にわかってもらえることがコツとしては重要な部分で、自分がこの会社が駄目だと思ったとか、職場でのいじめなどで付いていけない等の理由で、転職回数が多くなっていると話をしておけばいいのです。短くすることによって、面接はわかりやすくなります。

あまりにも多すぎる場合はマイナスから始まっている

転職回数が多くなっている人は、そもそもマイナスのイメージから始められることとなっており、面接では最初にこの話題を取り上げられることとなります。1年程度で仕事を辞めて、また仕事をしての繰り返しをしている人は、面接に慣れていると判断されることもあり、この質問から取り上げて様子を見ていくこととなります。これを克服できるかが、面接では重要となります。

コツとして言えることは、とにかく自分が原因であることと、会社の仕事が出来無くて辞めているのではないという話をすることです。会社の仕事が出来ないというのは、採用しても駄目じゃないかと思われる要因となってしまうので、これは絶対に避けなければならないことです。間違っても仕事が出来ないので辞めましたなんてことは言わないようにして、他の理由でマイナスをカバーするようにします。

お役立ち情報の一覧へ