【面接のコツ⑤】短所を聞かれたら

【面接のコツ⑤】短所を聞かれたら イメージ

自分が一番悪いと思っていることを素直に話しておく

面接では、短所を話してくださいということも聞かれやすくなっており、その人が自分を理解しているかどうかを判断する材料として利用されています。勿論これだけで面接の結果を決めるわけではありませんが、ある程度話が出来ないということは、短所を理解していないこととなります。これを克服するコツとしては、自分が一番悪いと思っていることを話すことです。

この時気を付けなければならないのが、一番悪いと思っていることを偽装したり、勝手に短所を作り出して全く違うことを話していることです。素直に話をすることが一番であり、自分はこうした部分が悪いと言われているので、そこを何とかして改善したいと思いますというように話をしておきます。コツを掴んでおけば、そんなに難しいことを言う必要性はありません。

他の人にこうした部分が駄目だと言われたことを覚えておく

面接の時になって、急に短所が何処だったか考えているのは良くないことでもあります。そのためしっかりした対応をしたいのであれば、普段の生活から短所を見つけておく必要があります。コツとしてよく出されているのは、普段の生活でこうした部分が駄目だねと言われていることを、自分の短所として覚えておくことです。ここが悪いということが分かれば、すぐに話をすることができます。

話をすることが出来ないのは論外と言われていることですし、面接では短所を知っているかどうかについて、面接官がしっかり確認をしています。普段からこうした部分が悪いと言われており、どうしても改善できないので何とかしたいと思っているという話方にして、自分が短所を知っているようにすることです。普段から駄目と言われているのは、その部分が短所となっていることになります。

それでも見つからないなら出来ないことを短所にする

それでもなかなか短所が見つからないと思っているのであれば、普段の生活から自分が出来ないことを短所にしておく方法があります。これならコツを掴まなくてもそこまで難しいことは無いですし、一応面接で話のできる内容となっていますから、短所として扱えるようになります。これは何をやっても出来ないということを、面接で話しておけばいいです。

ただ短所だけを話しておくことは、改善する意識が無いように思われても仕方ありません。改善する意識という部分もしっかり出しておき、これが出来ないから何とかして変えたいと思っていますというような話方にしてください。すぐに作業を終えることが出来ないのであれば、効率よく作業をするポイントを、入社までに決めたいと思っていますという話にして、力になれることをアピールしておくのです。

お役立ち情報の一覧へ