【面接のコツ④】志望動機のポイントと例文

【面接のコツ④】志望動機のポイントと例文 イメージ

面接の中でも重要視される志望動機を作成するコツとは

面接を受ける上で採用する企業側としましてはうちの企業のどこに魅力を感じどういった仕事がしたくて面接を希望されたのかが一番気になるところです。履歴書の項目欄にも志望動機はありますが志望動機を記入するにはコツがある事をまず覚えおきましょう。

ただし100%これが正解という面接の志望動機は残念ながら存在せずこういう例文がふさわしいとされる理想的な記入例があります。またこれをやったらNGとされるコピペや単語だけを入れ替えて記入、ふさわしいとされる例文をそのまま使用するなどは絶対にやってはいけませんし、百戦錬磨の担当面接官の目は決して節穴ではありませんので一発で見透かされてしまいます。オリジナルの文章構成で面接官の心に訴えかけるような志望動機にする事が求められます。

志望動機を記入する上で押さえておきたいポイントとは

面接の志望動機を記入するコツにはまず押さえておきたい幾つかのポイントがあります。新卒や第二新卒ではなくある程度社会経験を積んだ方の面接でしたらこれまでの職務履歴で得たものや学んで来たことを多いに志望動機にも反映させ、その学んできた事をどう活かせるのかを明確に記入する事が求められます。

また転職の面接となりますと志望動機の他に必ず前の会社を退職した理由も質問されますので、なぜ前の会社を退職してうちの会社を受けようと思ったのかの理由を志望動機に盛り込む必要があります。

仮に採用したとしましても半年、1年で辞めてもらってはいけませんので、いかにして志望動機の中に就職を強く希望する理由を盛り込んでアピールできるかがポイントです。

やる気、熱意、向上心を志望動機には盛り込もう

面接とは言わば就職を希望される方と少しでもいい人材を採用したいと欲するぶつかり合いとなります。もちろん基本的な面接のマナーである身だしなみや礼儀作法も大切ですが、履歴書での志望動機と口頭で質問される志望動機も採用基準として大きな割合を占めています。

目の見開き具合や声の大きさなど細かい事を挙げるときりがないですが、要は面接官の心に直接訴えかけこの人といっしょに仕事がしたいと思わせるような志望動機にする事が大事になってきます。

やる気、熱意、向上心、この3つを忘れず志望動機に盛り込んでオリジナルの文章で仕上げる事が採用に一歩近づくコツとなります。

自分を大きく背伸びしすぎずに等身大の自分をありのままに表現することも大切です。

お役立ち情報の一覧へ