横浜市で保育士をするメリットは?

横浜市で保育士をするメリットは? イメージ

横浜市が行った、待機児童解消のための秘策とは?

政府による女性の社会復帰を促すためのアプローチとして、保育園の数を増やすこと、待機児童の解消は必要なこととして、常に各自治体が検討を重ねてきています。それでもなかなか効果が得られてない自治体が多い中、横浜市が待機児童ゼロを実現したということが大きな話題になりました。横浜市はこれをどうやって実現したのでしょうか。

横浜市は、通常の認可保育園のほか、横浜市の独自の基準により開園を可能にした「横浜保育室」を多く開設することによって、多くの待機児童を受け入れ可能にしました。

横浜保育室は主に3歳未満の児童を対象にした施設で、通常の認可保育園では必要な園庭の広さなどの基準は緩くしているため、保育士の確保ができれば開園できるようになりました。

実はこれは待機児童の解消以外にも、保育士の確保や育成に一役買っているかもしれません。

神奈川県の中でも子育て世代に人気の街な横浜市と川崎市

神奈川県の中でも川崎市と横浜市は子育て世代に人気な2大都市です。どちらも主要ターミナル駅からダイレクトにつながる市街地エリアがあり、緑も多く、学校や病院なども多くあります。都心に比べ、横浜市や川崎市はブランディングのわりに土地の価格が安いため、比較的若い世代が住みやすい都市として人気があります。川崎市も横浜市と同様、「おなかま保育室」といった待機児童を解消するべき独自の施設を持っています。川崎市は保育施設のほか、税金やごみの集荷に関しても横浜市よりも利便性がよい部分もあり、そこも人気のエリアのようです。

川崎市は近年、高層マンションの増加により、人口の増加が著しいです。そのため川崎市での保育園入園は日本一の厳しいという噂です。入るために苦労した分、利用者にとっては園に対する要求も高く利用者と提供者との利害が一致するかどうかによって、不平不満へもつながることも考えられます。保育士に対して、保護者が不平不満を持つということもあるようです。

しかし、川崎市の場合、園の規模が大きいということは、子供たちも大勢の中で逞しく育てられるということで、保護者の中でもメリットも感じているようです

横浜市と川崎市、保育士としての働きやすいのはどっち?

では、川崎市と横浜市、どちらが保育士としては働きやすいのでしょうか?

横浜市と川崎市とで保育園の数を比較すると、横浜市が川崎市の3倍弱と、その人口に合わせて保有している園数も必然的に多くなります。それだけ保育士としての働き口もたくさんあるということです。先の横浜保育室のほか、大型の認可保育園もたくさんあるので、横浜市で保育士として働く場合に、大きな園でも小さな園でも自分にあった運営方針の園に出会える可能性が高いといえるのではないでしょうか。

小さなアットホームな園であれば、保護者との距離が近くに感じられる分、保育士としてより手厚いサポートを求められるかもしれません。大きな規模の園であれば、保育士として子供たちとの接し方もまた変えていかなければなりません。保育士という仕事は子供たちと接する姿ばかりが目立ち、優しい楽しい部分がクローズアップされますが、実際には拘束時間も長く、保護者とのかかわり方など、かなり大変な部分も多い仕事です。そのために定着しにくい面も見られます。

横浜市のように保育園の選択肢が多いエリアであれば、やめるという選択肢の前に、保育士自身、新たな働き場所を探すことも可能となり、自分の保育士としてのスタイルに合った園をみけやすいというメリットがあるかもしれません。

お役立ち情報の一覧へ